長澤まさみの誕生ーオーディションー

まぁちゃんは、お母さんや、ゴンの奥さんの進めもあって第5回(2000年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35,153人の中から史上最年少の12歳でグランプリに選ばれる。


このときの準グランプリは、大塚ちひろ(※受賞時は大塚千弘)だった。



この東宝「シンデレラ」オーディションは、東宝芸能が実施するオーディションのことで、第6回は、長澤まさみちゃんの大ブレイクも手伝い、過去最多となる3万7443人の応募者の中からシンデレラが選ばれた。


他のオーディションやコンテストと大きく異なるのが、不定期開催という点が、大きく違い。第1回は1984年に行われたが、以降、3〜6年に一度しか開催されていない。直近の第6回は2006年1月9日に最終選考会が開かれたが、今までのペースであれば、第7回は早くて2009年、遅ければ2012年に開催されるということになるだろう。






posted by まがさわ at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長澤まさみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。