歴史ある日曜劇場ドラマ

2007年秋、まぁちゃんとさんまさんおダブル主演
「ハタチの恋人」がスタートします。
ところでハタチの恋人はまだはじまっってもいないのですが、
この日曜劇場は、話題のドラマを排出しています
年代別に日曜劇場のドラマを紹介したいと思います。

まずは平均視聴率の歴代順位です。

  • 1位 2000年 ビューティフルライフ 32.3%
  • 2位 2003年 GOOD LUCK!! 30.6%
  • 3位 2007年 華麗なる一族 24.4%
  • 4位 2000年 オヤジぃ。24.2%
  • 5位 2001年 Love Story 21.0%
  • 6位 1994年 スウィート・ホーム 20.4%
  • 7位 1994年 カミさんの悪口2 20.3%
  • 8位 2001年 白い影 20.2%
  • 9位 1993年 カミさんの悪口 19.9%
  • 10位 2004年 砂の器 19.6%

■過去の日曜劇場、最高視聴率
  • 1位 2000年 ビューティフルライフ 41.3%(最終回)
  • 2位 2003年 GOOD LUCK!!  37.6%(最終回)
  • 3位 2007年 華麗なる一族 30.4%(最終回)
  • 4位 2000年 オヤジぃ。 28.0%(最終回)
  • 5位 1994年 スウィート・ホーム 26.9%(最終回)
  • 6位 2004年 砂の器 26.3%(初回)
  • 7位 2001年 Love Story 24.3%(初回)
  • 8位 2001年 白い影 23.8%(初回)
  • 9位 1993年 カミさんの悪口 23.7%(第10回)
  • 10位 2004年 オレンジデイズ 23.0%(最終回)

最高視聴率はほとんど最終回が多いのですが、
意外と初回も多いことがわかりますね。

年代別に見ますと
■1993年日曜劇場
丘の上の向日葵、課長サンの厄年、カミさんの悪口。

■1994年日曜劇場
スウィート・ホーム、ボクの就職、オトコの居場所、お兄ちゃんの選択。
■1995年日曜劇場
カミさんの悪口2、昨日の敵は今日も敵、パパ・サヴァイバル、輝け燐太郎。

■1996年日曜劇場
冠婚葬祭部長、その気になるまで、ふたりのシーソーゲーム、Dear ウーマン。

■1997年日曜劇場
メロディ、理想の上司、オトナの男、ベストパートナー。

■1998年日曜劇場
まかせてダーリン、カミさんなんかこわくない、海まで5分、なにさまっ!。

■1999年日曜劇場
サラリーマン金太郎、グッドニュース、ザ・ドクター、ヤマダ一家の辛抱

■2000年日曜劇場
ビューティフルライフ。サラリーマン金太郎、催眠、オヤジぃ。

■2001年日曜劇場 白い影、Love Story、恋がしたい恋がしたい恋がしたい、ガッコの先生
■2002年日曜劇場
サラリーマン金太郎3、ヨイショの男、太陽の季節、おとうさん

■2003年日曜劇場
GOOD LUCK!!、笑顔の法則、元カレ、末っ子長男姉三人

■2004年日曜劇場
砂の器、オレンジデイズ、逃亡者 RUNAWAY、夫婦。

■2005年日曜劇場
Mの悲劇、あいくるしい、いま、会いにゆきます、恋の時間

■2006年日曜劇場
輪舞曲、おいしいプロポーズ、誰よりもママを愛す、鉄板少女アカネ!!

■2007年日曜劇場
冗談じゃない、パパとムスメの7日間、華麗なる一族、
そしてハタチの恋人がこの秋にスタートします。

ハタチの恋人は、日曜劇場のランキング上位に入って欲しいドラマです。



タグ:日曜劇場
posted by まがさわ at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハタチの恋人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。